FB投稿記事そのままのコピペです。

フェイスブック投稿記事そのままのコピペですので、いつもと文章が違ったり絵文字化けなどありましたらすみません。 ↓

9月16日日曜日の日記です。(17日に、最後に追記を書き加えました)

長文です。入院日記①(②があるかはわからない笑)
ラジオでも公言しましたが、急遽あちこちメンテナンスが必要なため、実は今、入院しています。…日本にはあまり入院や病気を周りに伝えない。と言う美学がありますが、←今までの私もそうでした^^;
実は自死率が低い地域ほど、オープンダイアローグが進んでいて、言ってみる→その時手の空いている人やできる人が手伝う。助ける→自分に無理ならまた誰かに、〇〇さんがこうなんだって。って言ってみる。→誰かが動く。みんなが気にかける。
…の図ができているそうです。
残念ながら長野県では自死率がとてつもなく高いことから、この仕事をしている私が隠してどーする?言わなくてどーする?と、へんな使命を感じ、オープンにしました。病は恥ずかしいことじゃない。生身の身体ですから傷んであたり前。そんな時もあるのさ。今、私がいない間誰か頼む!
そしてまた社会に普通に戻り、復活できる世の中になれば、きっともっと、世の中に、楽に生きられる人が増えるはず。

…ある村には、バス停に止まらないバスが走っていると言います。(もちろん乗客がいれば止まります)
その代わり、ゆっくりゆっくりバスは走る。道に立っている、バスに乗りたい人を見落とさないために。
なぜならその村のバスは、車の運転ができない人や、遠くまで歩くことが困難な人のために存在するのだから。
誰のためのものか。
何のためのものか。
単純である。それさえクリアしていれば、順路やスピードは大した問題ではない。
仕組みばかりを気にしていると、そもそも誰のためのものか、何のためのものかがいつのまにかどこかへいってしまう。
バスばかりではない。
支援の現場も同じ。☆森川すいめい著 その島のひとは、ひとの話をきかない より。←オススメ本です^ ^

今の私↓
「安静にしていなさい」と、言われていますが、無理だわー笑
たくさん本を読み、
又、、、
なんと本を書き始めています。
特別パソコン持ち込みを認めてもらいました。((((;゚Д゚)))))))
どんな患者だ。
でも、さすがに仕事の刺激や心配を減らして安静にするため、ネット環境はなく、
FBも、こっそり…。
時々開きます。←開くんかい!
しかし、まずは病を治します。
が、退院と同時に出版社へ行こうかと思っていたりもします。
今、私を公私共に助けてくれている皆さんに感謝します。
私も元気になったら、みなさんが困っている時は、できることは助け、できないことは出来そうな人に話していくので、これからもよろしくお願いします。
追加…入院して学んだことのひとつは、毎日担当の看護師さんが代わることの素晴らしさです。
支援の現場だと、つい自分がなんとかするから。と、なりがちです。
病院でもそう。もし、「退院するまで私が貴方の担当です」と言われたら、その人がいない日は、痛みなどの訴えを誰にしたらいいのかわからなくなりますし、不安になります。
毎日毎日ちゃんとみてくれる人がいる。担当が代わっても同じケアが受けられる。
大事なことですね。
退院後の我が会社の運営にも活かします^_^
みなさんありがとうございます。
ある方々には、今、とっても迷惑をかけていますが、自分がそもそも誰のために、何のためにこの仕事をしているのか。
シンプルに考える時間をいただいています。

追記…私たちの団体は職員が素晴らしく、また、周囲の団体、行政のみなさまのサポートが暖かく、通常運転しています。そして何よりすごいのが、毎日や時々通って来てくれているメンバー(利用者さん)が、素晴らしい!理事長居なくても任せてください!と、メンバーさんが運営してくださるという…この現象は、ちょっとほかに例を見ないくらいすごいことだと思います。よし、任せた!…と、利用者さんに会社を任せる私。でもそれは信じ合う心。助け合う心。そして自信。私はただ、みんなと老後もお茶したい。それだけでいいから、みんな長生きしよう。ね。もう少し待ってて。

89798072-CB57-4251-9D55-B12B815BDC54

ラジオでもお話ししましたが…

しばらく婦人科系等々の治療のため、仕事をセーブさせていただいています。詳しくは若者相談のページに貼ってあるラジオのユーチューブを聞いてみてくださいね☆

病は恥ずかしいものではなく、病は誰もが突然なるかもしれないもの。

生きている証です。

一度でも病むと社会から外れてしまう…なんていう不安がなくなる世の中になればいいな。そんな社会を目指しているので、あえて自ら公表します。

入退院もしています。

2018年という、天災を含めた荒波にのっかる形で、どどどどーっと、今年は色々なことが吹き出しているので、来年は新年号と共にまた復活する予定です。

まだしばし…ゆっくりな活動ですが、ご理解ください。

病市に出せ。(やまい、いちにだせ)という言葉があります。←日本一自殺率が低い島の言葉だそうです。

今日足痛くてさー

なんか調子悪いんだよねー

最近寂しくてさー

そうしたことを日頃から周りの人に伝えていくこと。そしてみんながなんとなく気にかけていくこと。それが日本一自殺率が高い年もある長野県に足りない習慣かな。と、思います。

みんなゆるゆる生きようよ。

人生楽しみもみつけながらさ♪

たまには外出もできたりするので、美容院にも行けます^ ^

写真は美容院にて。

ではまた!

DBD806E5-04FA-43B5-A1B6-D7338B345CF9

 

 

アクアピア祭り☆

9月8日は長野県下水道公社アクアピア安曇野の水の日にちなんたお祭りがありました。

毎年だいたい第2土曜日の開催で、ミジンコを観察したり、水の大切さを学びながら遊べます。

グランド・リッシュは10年近くボランティアをさせていただいていて、初めて今年、私は不参加( ; ; )でしたー。来年は行きたいな。

866F0005-3CBA-4636-97BF-AEBAC3B6EEC7 C9DC00BC-7C0A-4BC8-A0E3-9C17DB72325F

遅くなりました。7月のコラムなど。です。

7月20日は市民タイムスコラムの日でした。

IMG_1198

そして、

ワサビ畑でみつけたサナギを自宅に持ち帰り、蝶になったり、

IMG_1190

IMG_1227

雑貨屋では新商品も多数入荷。

IMG_1223

IMG_1187

娘は夏休みに突入し、お昼ご飯を作って仕事に出ています。

IMG_1231

さあ!明日は7月最終日!!

 

明科高校ボランティア部の皆さん。

作業風景の写真掲載ができませんが、

先日、明科高校ボランティア部の皆さん10名で、弊法人事業所にお手伝いに来てくださいました。

皆さん、ワサビ田にかかっている日よけの「寒冷紗」ってご存知ですか?

イメージ画像はこちら。↓(Wikipediaより)

注:こちらのワサビ田は弊法人の作業とは関連はありません。あくまでもイメージをお伝えするためのものです。

2016-07-03_Daio_Wasabi_Farm_大王わさび農園_DSCF0315[1]

上記の寒冷紗を田んぼに取り付けるため必要な、紐をつける作業を、弊法人事業所内で携わっていただきました。

女性と男性五名づつに分かれて作業をしていただき、大変助かりました!

農家のみなさまのご苦労を肌で感じ、高校生の皆さんもとても感心していました。

「若者の力を地域の力に!!!」

明科高校ボランティア部の皆さんは、そんな温かい思いのある素敵な生徒さん達でした^^

担当の先生にも大変お世話になりました。

ありがとうございました!