JAM甲信ハート基金様より助成をいただきました。

JAM甲信ハート基金様

足るを知るという言葉がありますね。

「もっと、良くなりたい」「もっと元気になりたい」いつも積極的になって「もっと、もっと…」と、前進して生きることは大切なことでもあります。けれど欲を持ちすぎるといつも「足りていない」と感じ、幸福感が得られなくなります。「自分の今の力では、今のこの状態で十分だ」「これだけ健康ならばまあ一応良しとしよう」こう考えると心が安らかになり、今の自分を褒めてあげる気持ちになります。そして、自分の評価を決めるのは他人であることを認めて、それを素直に受け入れ、感謝することも大事ですね。

先日、NPO法人長野県みらい基金様を通してJAM甲信ハート基金様より、弊法人に助成金をいただきました。本当に皆様のお陰様で、他にも、前年度からいくつかの団体様や企業様から、様々な形でのお力添えをいただいているのですが、感謝とご縁を深く感じ痛み入りながらも、決して謙虚になりすぎず、皆様からのご期待と応援を、しっかりと形にできる団体だと視ていただいているからなのだ。と、責任をしっかりと感じながら、今の私達の活動の、「足るを知る」きっかけとなりました。JAM甲信ハート基金様、お繋ぎくださいました長野県みらい基金様、ありがとうございました。

「この世に必要のない人なんていない」「自分の在る場所をまだ見つけていないだけ」「それはグランド・リッシュなのか、他の場所かもしれません」「あなたに合った、足るに相応する安心できる場所が、より多くの方にみつかりますように」

JAM甲信ハート基金様のHPはこちらです。http://www11.plala.or.jp/jamnagano/

20246464_1352581074856060_7814932753865126346_n[1]20228272_1352581068189394_8748122579599213982_n[1]20139832_1352581124856055_8058714979673556090_n[1]20228761_1352581128189388_7372562667469262096_n[1]

 

安曇野市社協障害者支援事業所カエデさん☆

20229151_1349513645162803_5861602346404942449_n[1] 20106475_1349513648496136_2648721773078864943_n[1]今日は仕事で、
安曇野市社協堀金支所へ行きました。
事業所へのお土産に、
社協の就労継続事業所カエデさんの、
あんこ、クリーム、ハムチーズの3種類のカエデ焼きと、リユースコーナーでは、電池を入れると動くエルモをゲット!
えっと…なぜエルモを事業所に?といぶかしく思われた方、エルモは、癒しとしてのゲットです^ ^
カエデ焼きはオススメ!
美味しくて100円(税込)ですよー!

新潟県上越市「りとるらいふ」様。

新潟県にあります社会福祉法人「みんなでいきる」「りとるらいふ」様へ研修に行かせていただきました。

http://www.minna-de-ikiru.org/

19437451_1329348823845952_9005107898872473133_n[1]19424550_1329231893857645_3366502571946880511_n[1]19437600_1329231897190978_2754224655043385842_n[1]

様々な事例に対応した一体型の福祉事業所として、これからの地域拠点構想のモデル事業所としての取り組みを拝見させていただきました。

就労継続支援事業所とショートステイ、児童デイ等が一体型となってあることにより、新規のご相談の方の相談窓口のたらいまわしを防ぐことができたり、様々な課題を見落とさずに行政その他機関と連携が取れやすくなる仕組みづくりは、大変勉強になりました。

特にショートステイは、障がい者、高齢者、障がいに該当しない方、DV被害者の方等、あらゆるお困りごとを抱える方を一時宿泊できる場所となっており、相談窓口の電話も24時間対応です。例えばすでに外部機関に支援者がいらっしゃる方でも、夜間何か困りごとが起きた場合に、夜間でも連絡がつくこの場所で一時的に受け入れをして、翌日きちんと支援者に繋ぐことで、様々な危険などから沢山の方を守ることができます。これこそ他機関や地域との連携が一番の課題であると感じましたが、これが実現できたら素晴らしいですね。

そして、スタッフの皆さんや施設内の雰囲気がとても心地よく、感心しました。

お世話になりました^ ^

・・・・・・・・・・・・・

さて、信州での地域拠点構想について、ちょっと急ピッチで準備を進めていきますか!!!

19702035_1338947842886050_4199443286075831388_n[1]

私は一番好きな花はアジサイです。アジサイは土壌に合わせて色を変え、その場その場に適応していきます。そんな柔軟な人であり続けたいです。